お腹の中の赤ちゃんのために

妊娠すると身体のホルモンバランスが変化し、体調が変わり、それまでと食の好みなども変わります。口腔内の環境も変化して、虫歯や歯周病などのトラブルが起こりやすくなります。妊婦さんの中には妊娠中に歯科治療を受けてもいいのかどうか、心配される方も多いでしょう。埼玉県熊谷市のスーパーマーケット・ヤオコー熊谷箱田店2F内の歯医者「あらい歯科クリニック」では妊婦さんにも安心して診療を受けていただけるように、マタニティ診療に対応しています。

マタニティ診療

マタニティ診療

妊婦さんを対象に歯の治療や口腔ケアを行うのがマタニティ診療です。妊婦さんとともに、これから生まれてくる赤ちゃんの健康を守るためにもお口の健康を守ります。

妊娠すると「つわり」があったり、酸味の強い物ややわらかい物を好むようになったりと食生活が変化することがあります。また少しずつしか食べられなくなると食事の回数が増え、お口の中は細菌が繁殖しやすい時間が長くなってしまうのです。そのうえブラッシングがおろそかになることも珍しくないので、お口の中は虫歯や歯周病にかかりやすい環境になりがちです。

妊娠中はエストロゲンという女性ホルモンが増加します。すると歯周病などの炎症を起こしやすくなります。また妊娠中はお口の自浄作用のある唾液の分泌量が減り、身体の免疫力も低下しがちなのでお口のトラブルを招きやすくなるのです。妊婦さんが歯周病にかかってしまうと、早産や低体重児出産のリスクが高まってしまうので注意が必要です。

歯科診療を受けるタイミング

妊娠安定期といわれる妊娠5~8ヶ月の間は、特別な治療を除き、通常の歯科治療を問題なく受けていただける時期です。とくにお口のトラブルがなくてもこの時期に歯科検診を受けて、お口の環境を整えておきましょう。

妊娠初期(1~4ヶ月)は緊張やストレスなどによる切迫流産を起こしやすい時期です。そのため急を要するときは応急処置程度を行います。妊娠後期(9ヶ月~臨月)はいつ陣痛が起きてもおかしくない時期ですので、産後の治療がおすすめです。

妊娠初期 妊娠中期 妊娠後期
切迫流産を起こしやすい時期ですので、基本的に歯科治療は控えたほうがいいでしょう。応急処置程度にとどめておきます。 妊婦さんの歯科診療に適した時期です。治療や予防処置はこの時期に済ませるようにしましょう。 いつ陣痛が起きてもおかしくない時期ですので、歯科治療は産後、落ち着いてから受けましょう。
生まれてくる赤ちゃんのために

生まれてくる赤ちゃんのために

赤ちゃんの健康のためにもお母様のお口の健康は大切です。歯周病にかかってしまうと低体重児主産や早産のリスクが心配です。またお母様に虫歯があると唾液を介して生まれてきた赤ちゃんに虫歯菌をうつしてしまうリスクを高めてしまいます。さまざまなリスクを回避するため、妊婦歯科検診を受けてお口の中の状態を把握し、毎日のセルフケアに役立てることをおすすめします。