インプラント治療

インプラントとは

虫歯や歯周病、そして外傷などにより歯を失ってしまうことがあります。歯が抜けたまま放置してしまうと、見た目が悪いだけでなく、となりの歯が倒れ込んできたり、咬み合っていた歯がのびてきたりして咬み合わせのバランスをくずしてしまいます。1本の歯を失うだけで、お口だけでなく全身にも影響を与えてしまうことがあるのです。失ってしまった歯を補う治療法のひとつがインプラント治療です。チタン製のインプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込み安定させ、その上にジルコニア製の被せ物や特殊な入れ歯を装着して歯の機能を補う方法です。顎の骨にしっかり固定するのでまるで自分の歯のような咬み心地が得られます。自然な見た目に仕上げることができるので他人に治療していることを気づかれずに済みます。

治療の流れ

  • Step01
    丁寧なカウンセリング

    まずは患者様のお話を伺い、治療についてのご要望などについて詳しくヒアリングいたします。患者様本位の歯科医療のご提供を心がけ、ニーズや不満点をすばやく察知し、ご納得いただけるような診療を進めていきます。

  • Step02
    精密な診査・診断

    インプラント治療ではあごの骨に対してインプラントを埋入するため、事前に正確で精密な診査・診断が必要です。歯科用CTでは、歯や顎の骨の状態を3次元的にモニターで確認することが可能です。骨の厚み、奥行き、幅などや、骨の中を通っている血管、神経の状態など、詳細な情報をさまざまな角度から確認できます

  • Step03
    治療計画のご説明

    診査結果とカウンセリングでヒアリングしたご要望を元に立てた治療計画を患者様にご説明いたします。

  • Step03
    安全性にこだわった手術

    あごの骨には、 神経や血管などが通っています。いくらCTで検査していて、神経や血管の位置がわかっていても、ドリルをする時に、その「位置」「角度」「深さ」が少しでもブレてしまうと、神経や血管を傷つけてしまうことになりかねません。 当院では、ガイドを使用することで、そのようなリスクを極限まで排除したうえで手術を行っています。

  • Step03
    治療後のメインテナンス

    術後はまず1ヶ月後にご来院いただき、チェックを行います。その後、通常は3ヶ月おきに(1年に4回)メンテナンスにご来院いただきます。インプラントも天然の歯と同じように、セルフケアと、定期メインテナンスが大切です。また、インプラントはあくまで人工物であるため、天然の歯とは違い、歯周病のような状態になってしまうと、その進行が速いため、日ごろからのメインテナンスをしっかり受けることが必須です。

他の治療法との比較

インプラント治療

  • メリット

    • 自分の歯に近い感覚で咬めます
    • まわりの歯に負担をかけません
    • 見た目が自然です
    • 顎の骨が痩せてしまうのを抑えます
    • 長い目で見たときにメリットが大きいです
  • デメリット

    • 外科手術が必要です
    • 自費診療なので比較的高額です
    • 治療期間が長くかかります

入れ歯治療

  • メリット

    • 比較的短期間で治療可能です
    • 保険診療の入れ歯を選択すれば比較的安価です
    • 自費診療の入れ歯を選択すれば「こだわり」を実現できます
  • デメリット

    • 装着感や咬み心地があまりよくなく、硬い物が食べにくいことがあります
    • 顎の骨が痩せてしまうことがあります
    • バネが見えると見た目に不自然です

ブリッジ治療

  • メリット

    • 違和感が少なめです
    • セラミック製の素材を使用すると美しい仕上がりになります
    • 比較的短期間での治療が可能です
  • デメリット

    • 失ってしまった歯のとなりの健康な歯を削らなければなりません
    • 土台になる歯の寿命を縮めてしまいます

費用

1本 385,000円
骨増大術 55,000円
相談+CT診断 無料

ページトップへ戻る