歯を美しく、より自然な見た目に

「以前、虫歯治療して入れた銀歯が目立つ」
「治療しても自然に見えるような歯にしたい」

歯を治療する際に見た目にもこだわりたい方には、歯の機能回復と自然な美しさの両方を得ることができる審美治療をおすすめします。埼玉県熊谷市のスーパーマーケット・ヤオコー熊谷箱田店2F内の歯医者「あらい歯科クリニック」ではセラミック製ジルコニアなどの素材を使った審美治療にも対応していますのでお気軽にご相談ください。

美しい歯を

保険診療の虫歯治療では機能回復が中心です。負担費用が一部で済むので、比較的安価に歯の機能を補うことができるというメリットがあります。しかし自然な見た目や美しさには重点が置かれません。審美治療ではセラミック製などの素材を使うので、きれいな見た目に仕上げることができます。

銀歯とセラミックについて

虫歯治療では汚染された部分を削り、その部分をさまざまな素材で補います。初期段階の小さな虫歯治療では白い素材(レジン:歯科用プラスチック)を使用しますが、ある程度進行した虫歯の保険治療では銀色の歯科用合金を使用します。これが「銀歯」です。銀歯は目立ってしまうだけでなく、経年により金属アレルギーを引き起こす心配があります。

銀歯とセラミックの違い
銀歯 セラミック
見た目 白い歯列の中で黒ずんで見え目立ちます 天然歯のような白さや透明感があります
まわりの歯への影響 天然歯より硬いので咬み合う歯を傷めてしまうことがあります 天然歯に近い素材を選択すると咬み合う歯を傷つけません
歯ぐきへの影響 少しずつ溶け出した金属イオンによって歯ぐきが黒ずむことがあります セラミック素材のみを使った場合、歯ぐきに影響をおよぼしません
身体への影響 金属アレルギーを引き起こす可能性があります 生体親和性が良く、影響はありません。
歯の汚れへの影響 汚れがつきやすい 汚れがつきにくい

審美治療メニュー

オールセラミック
オールセラミック
セラミックのみで作製する詰め物・被せ物です。天然歯のような白さと透明感があるので美しく仕上がります。耐久性が高く汚れもつきにくいうえ、金属アレルギーの心配がありません。
ラミネートベニア
オールセラミック
前歯の表面を薄く削り、セラミック製のシェル状の板を貼りつけて歯の形を整え白く美しくする処置です。「すきっ歯」を比較的短期間で整えることもできます。ホワイトニングでは白くならない天然歯も白くすることが可能です。
ジルコニアクラウン
ジルコニアクラウン
天然歯のような質感と透明感があるジルコニア。セラミックよりも耐久性や強度が高い素材です。変色がほとんどなく汚れがつきにくいうえ、金属アレルギーの心配がありません。被せ物に加工します。
ファイバーコア
ファイバーコア
重度の虫歯を治療した際、支台を立ててその上に被せ物を装着します。保険診療では金属素材ですが、グラスファイバーを芯にして作製するのがファイバーコアです。光の透過性があるので、被せ物の透明感を損ねません。また適度なやわらかさがあるので歯根を傷めにくい素材です。
ゴールド
ゴールド
金合金の詰め物・被せ物です。金属なので歯の色とは異なりますが、化学変化を起こしにくく比較的安定しているので金属アレルギーの心配がほとんどありません。また歯と金属のすき間をフィットさせやすいので、その部位から虫歯になりにくいという特長があります。目立ちにくい奥歯の虫歯治療におすすめです。
硬質レジン前装冠
硬質レジン前装冠
金属のフレームの表面をレジンで覆った被せ物です。透明感や質感がセラミック製の歯には劣り、経年により変色します。前歯に使用する際は保険診療ですので比較的安価です。
ハイブリッドCAD・CAM冠
ハイブリッドCAD・CAM冠
ハイブリッドCAD/CAM冠とは、レジン(プラスチック)のブロックをCAD/CAMという機械で削り出して制作するクラウン(かぶせ物)です。
2014年4月より、小臼歯(4番、5番)のみ保険適用になりました。