大切な歯を守る

日本では、「歯医者は歯が痛くなってから行くところ」というのがこれまでの認識でした。しかしトラブルが起こってからでは、たとえ治療をしたとしても歯の寿命を短くしてしまうことにほかなりません。

日本人にとってポピュラーな虫歯や歯周病は、そのメカニズムがわかっているので予防が可能な病気です。埼玉県熊谷市のスーパーマーケット・ヤオコー熊谷箱田店2F内の歯医者「あらい歯科クリニック」では定期検診をおすすめし、お口のトラブルを未然に防ぐ予防に力を入れています。

「治療」ではなく「予防」を

「治療」ではなく「予防」を

虫歯は放っておいても自然治癒することはなく、むしろどんどん悪化してしまうので、治療をして進行を止めなければなりません。そのため早期治療が大切です。しかし治療をするにあたっては、虫歯部分を除去しなければなりません。削り取った部分には詰め物や被せ物をして歯の機能回復はできますが、元の天然歯に戻すことはできないのです。また治療をくり返せば歯へのダメージが重なり、やがては歯を失ってしまうことにつながってしまいます。

お口の健康を保つためには、「治療」よりも「予防」が有効です。それは、「予防」できれば「治療」の必要がないからです。虫歯や歯周病によるお口へのダメージを防げるだけでなく、治療のための負担もかからないのです。「痛みが出てから」ではなく、「痛みが出ないように」定期的に歯科医院に通う習慣をつけることをおすすめするのはそのためです。

海外と日本の意識の違い

歯科先進国といわれるようなスウェーデンや米国などの欧米諸国では、歯科医院は「虫歯や歯周病にならないように行くところ」という意識が浸透しています。それに対して、日本ではまだまだ「歯が悪くなってから行くところ」というイメージが強いのが現状です。

永久歯は親知らずを除いて全部で28本ありますが、そのうち20本以上の歯が残っているとほとんど不自由なく食事や会話を楽しむことができるといわれています。自分の歯で食べたい物を食べ、気兼ねなくおしゃべりができれば生活の質を高く保ったままでいられるのです。

国民の約9割以上が定期検診を受けているスウェーデンでは80歳での平均残存歯数が20本を超えています。予防意識がまだまだ低い日本では、数年前までは80歳の時点での平均残存歯数は8本程度でした。お口への健康意識の高まりとともにやっと13.9本にまでその数を増やしていますが、まだ20本には達していません。つまり80歳の時点でスウェーデンの方が自分の歯で飲食や会話を楽しんでいるとき、日本の方は入れ歯での生活を送っているといえます。

予防のメリット

お口のトラブルを防ぐ 治療負担を軽減する 治療の痛みを軽減する
虫歯や歯周病の発症を防ぎ、お口の健康を保つことができます。 虫歯や歯周病を悪化させてしまってからでは、治療が複雑になり通院回数も費用も増えてしまいます。 定期検診を受けていればお口のトラブルが起こっていても早期発見・早期治療につながり、治療の痛みも少なくて済みます。

予防メニュー

定期検診
定期検診
歯科医師や歯科衛生士が患者様のお口の状態をチェックして一人ひとりの患者様に合わせた予防プランをご提案します。またすでにお口のトラブルがあるときは早期発見・早期治療につなげていきます。
PMTC
PMTC
プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、歯科医師や歯科衛生士による専用器具を使用した歯のお掃除です。毎日のセルフケアによるブラッシングでは落としきれない歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝のプラーク(歯垢)や歯石を徹底的に除去します。軽度の色素沈着の除去や口臭予防にも有効です。
ブラッシング指導
ブラッシング指導
毎日ブラッシングしていても、クセによる磨き残しなどがあると汚れがたまってしまう部位が生じてしまいます。患者様の一人ひとりのお口の状態に合わせて、きちんと汚れを落とすためのブラッシングの仕方をアドバイスします。
フッ素塗布
フッ素塗布
虫歯菌の出す「酸」への抵抗力を高め、歯質を強くする効果が期待できるフッ素を歯の表面に塗布する処置です。定期的なフッ素塗布は乳歯だけでなく永久歯の虫歯予防にも有効です。