お子様の歯を守る

生後6か月くらいから生え始める乳歯は、永久歯にくらべ歯の表面のエナメル質が薄く、やわらかいので虫歯になりやすいうえ進行が早いといわれています。しかし「乳歯は永久歯に生え替わるから」と、虫歯を放っておいてはいけません。大切な永久歯にも影響を与えてしまうことがあるからです。

埼玉県熊谷市のスーパーマーケット・ヤオコー熊谷箱田店2F内の歯医者「あらい歯科クリニック」では小児歯科に対応し、お子様の歯の健康を守るサポートを行っています。お気軽にご相談ください。

お子様の歯を大切に

お子様の歯を大切に

虫歯になりやすい乳歯。大切なお子様のお口の健康を守れるかどうかは親御様にかかっています。虫歯になりにくいような生活習慣を身につけることができるように促していきましょう。毎日のケアが基本です。そのほかに定期検診をご活用ください。虫歯予防を中心にお口の健康をサポートします。

虫歯は感染症です

虫歯は感染症です

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在しません。しかし生活をしているうちにやがてはまわりの大人から感染するといわれています。この感染時期をある程度遅らせると、将来的にかかる虫歯のリスクを減らすことができるという報告もあります。

虫歯菌を含んだ唾液を介して感染する虫歯菌。できるだけうつさないように、子ども専用のカップやお皿、スプーンやフォーク、そしてお箸を用意しましょう。食べ物の口うつしも控えましょう。また家族全員で、虫歯治療を行い、虫歯菌の数を減らすことも大切です。

楽しく虫歯を予防しましょう

楽しく虫歯を予防しましょう

あらい歯科クリニックでは子どものころから楽しみながらお口の健康を守っていけるように、楽しく通える環境づくりをしています。かわいい小さなお家のようなキッズスペースをご用意していますので、歯科医院で楽しい時間を過ごしていただけるはずです。

治療をする際も、無理やり行うことはありません。お子様の状態を観察し、必要に応じて慣れるまでのトレーニングを行います。信頼関係ができれば前向きに治療を受けていただけるようになるのです。治療後にはプレゼントもご用意しています。ちょっとした心配りで次回への通院意欲を高めることにつなげています。

小児予防メニュー

ブラッシング指導 ブラッシングは虫歯予防の基本です。お子様の歯並びや成長に合わせて、楽しみながらブラッシングができるようにアドバイスします。親御様の仕上げみがきのコツもお伝えしますので、毎日の親子のスキンシップタイムにしてください。
シーラント 歯の咬み合わせる面にある溝は汚れがたまりやすい部位です。ブラッシングしても歯ブラシが届きにくいので虫歯になりやすいのです。そこをあらかじめレジン(歯科用プラスチック)で埋めて虫歯を予防します。
フッ素塗布 歯質を強化し、虫歯への抵抗力を高めるはたらきが期待できるフッ素を歯面に直接塗布します。ごく初期の虫歯はフッ素塗布によって再石灰化が促されることがあります。虫歯予防のためには定期的なフッ素塗布がおすすめです。
過剰歯の抜歯 本来の本数以上に生えてくる歯を「過剰歯」といいます。過剰歯は歯列や咬み合わせを乱したり、ほかの永久歯に悪影響をおよぼしたりすることがありますので、抜歯することがほとんどです。