歯を失ってしまったらすぐに治療を

虫歯や歯周病、そして外傷などにより歯を失ってしまうことがあります。歯が抜けたまま放置してしまうと、見た目が悪いだけでなく、となりの歯が倒れ込んできたり、咬み合っていた歯がのびてきたりして咬み合わせのバランスをくずしてしまいます。1本の歯を失うだけで、お口だけでなく全身にも影響を与えてしまうことがあるのです。

埼玉県熊谷市のスーパーマーケット・ヤオコー熊谷箱田店2F内の歯医者「あらい歯科クリニック」では失ってしまった歯の機能を回復するインプラント治療に対応しています。日本臨床インプラント研究会や日本口腔インプラント学会に所属する医師がおりますので安心です。歯を失ってしまったら、できるだけ早くご相談ください。

失った歯を取り戻す

インプラント治療なら自然な咬み心地と美しさを取り戻せます

インプラント治療なら自然な咬み心地と美しさを取り戻せます

失ってしまった歯を補う治療法のひとつがインプラント治療です。チタン製のインプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込み安定させ、その上にセラミック製の被せ物や特殊な入れ歯を装着して歯の機能を補う方法です。顎の骨にしっかり固定するのでまるで自分の歯のような咬み心地が得られます。自然な見た目に仕上げることができるので他人に治療していることを気づかれずに済みます。

インプラント、入れ歯、ブリッジの違い

歯を失ってしまったときのおもな治療法は3つあります。それはインプラント治療、入れ歯治療、ブリッジ治療です。それぞれにメリット・デメリットがありますので、患者様に合った治療法を選ぶことが大切です。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  インプラント治療
インプラント治療
入れ歯治療
入れ歯治療
ブリッジ治療
ブリッジ治療
メリット
  • 自分の歯に近い感覚で咬めます
  • まわりの歯に負担をかけません
  • 見た目が自然です
  • 顎の骨が痩せてしまうのを抑えます
  • 長い目で見たときにメリットが大きいです
  • 比較的短期間で治療可能です
  • 保険診療の入れ歯を選択すれば比較的安価です
  • 自費診療の入れ歯を選択すれば「こだわり」を実現できます
  • 違和感が少なめです
  • セラミック製の素材を使用すると美しい仕上がりになります
  • 比較的短期間での治療が可能です
デメリット
  • 外科手術が必要です
  • 自費診療なので比較的高額です
  • 治療期間が長くかかります
  • 装着感や咬み心地があまりよくなく、硬い物が食べにくいことがあります
  • 顎の骨が痩せてしまうことがあります
  • バネが見えると見た目に不自然です
  • 失ってしまった歯のとなりの健康な歯を削らなければなりません
  • 土台になる歯の寿命を縮めてしまいます
安全なインプラント治療を行うために

インプラント治療ではインプラント体を顎の骨に埋入するための外科手術が必要です。インプラント体を埋める位置や角度、深さなどの診断を精密に行わないとトラブルが起こる危険性もゼロではありません。顎の骨には神経や血管が通っていますので、少しでも傷つけてしまうと神経麻痺や大量出血を引き起こしてしまうのです。できるだけ安全なインプラント治療を行うためには綿密な治療プランが必要です。

そのために当院では歯科用CTを活用した精密診断を行っています。顎の骨の中の血管や神経の位置、骨の厚みや量などを詳細に確認するのです。そしてインプラント体を埋入する位置などを決定し、そのために開ける穴のドリルがズレないように、サージカルガイドを作製し、ガイドに従って手術を行います。こうすることで手術の安全性を高めるだけでなく、手術時間の短縮にもつなげています。