お口まわりの外科的処置を

「口内炎ができた」「顎が痛い」「顎が鳴る」「口が開きづらい」「親知らずが痛い、腫れた」――そんなとき、どこに相談に行けばいいのか迷っていませんか? 口腔内とその周辺のさまざまなトラブルに対して外科的処置を行うのが口腔外科です。親知らずの抜歯や顎関節症の診療も口腔外科に含まれます。埼玉県熊谷市のスーパーマーケット・ヤオコー熊谷箱田店2F内の歯医者、お子様からご高齢の方までご家族そろって通いやすい「あらい歯科クリニック」では口腔外科にも対応しています。

口腔外科でできること

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずは上下全部で28本の永久歯が生えそろったあと、奥歯の奥に生えている歯です。現代人は顎が小さくなる傾向があるので、まっすぐ生えるスペースが足りずに、曲がって生えたり、横を向いたり、埋まったままだったりすることがあります。生え方に問題があると歯ぐきが腫れてしまい痛みをともなったり、手前の歯もむし歯になってしまったり、ほかの歯を押したりして歯並びを乱してしまうことがあります。このようなトラブルがある場合や、これからトラブルになりそうな場合は、抜歯することがほとんどです。

実際に抜歯が必要かどうかは検査して診断する必要があります。当院では難しい症例の場合など歯科用CTなどを活用しより安全な抜歯を行っていますので、気になる症状がありましたらまずはお気軽にご相談ください。

炎症

炎症

お口の中の粘膜はさまざまな原因により炎症を起こすことがあります。「細菌や薬剤による感染」「火傷・咬むなどの刺激による炎症」「入れ歯や歯の接触による炎症」などです。薬の服用が炎症の多くに有効です。

顎関節症について

顎関節症について

「顎が痛む」「顎がカクカク・シャリシャリ鳴る」「口が開けづらい」「口が大きく開かない」「硬い物を食べると顎が痛む」「顎が疲れる」「親知らずが痛い、腫れた」などの症状が慢性的に続く場合、顎関節症が疑われます。顎の関節まわりの慢性的なさまざまな症状をまとめて顎関節症と呼ぶのです。症状がさまざまあるように原因もさまざまです。

咬み合わせのバランスが乱れている場合、顎関節に大きな負担がかかってしまいます。放っておくとお口まわりだけでなく、全身のバランスにも影響してしまうことがあり、そして頭痛や肩こり、耳鳴り、腰痛を引き起こしてしまうこともあるのです。顎関節に違和感を覚えたときは、お早めにご相談ください。