歯が痛い・しみる、歯ぐきが腫れている・出血する

代表的なお口のトラブルといえば、虫歯と歯周病でしょう。「冷たい物がしみる」「歯が痛む」「歯ぐきが腫れている」「歯ぐきから出血する」など気になる症状はありませんか? 少しでもお口に異変を感じたら、できるだけ早く治療を受けましょう。

埼玉県熊谷市のスーパーマーケット・ヤオコー熊谷箱田店2F内の歯医者「あらい歯科クリニック」にお気軽にご相談ください。

できるだけ痛みの少ない治療を

できるだけ痛みの少ない治療を

大人でも歯科医院に苦手意識がある方はたくさんいらっしゃいます。治療に「痛い・怖い」イメージがあるとどうしても通院の足が遠のいてしまいがちです。しかし虫歯も歯周病も放っておくとどんどん進行してしまいますので、早めの治療が大切です。歯科医院が苦手な方にも安心してご来院いただけるように、当院はできるだけ痛みの少ない治療をご提供しています。

表面麻酔・電動麻酔注射器

できるだけ痛みを抑える治療のためにとくに工夫しているのが麻酔注射です。「注射」と聞いただけで「チクッ」とする痛みを想像してしまう方はいらっしゃいませんか? あの「針を刺すとき」の痛みをほとんど感じないで済むように、当院ではまず患部に表面麻酔をします。粘膜にジェル状の麻酔薬を塗るだけなので痛みはまったくありません。

粘膜の表面感覚がマヒしてから注射をします。その際に使用するのが電動麻酔器です。麻酔液を注入する量や速度を一定にできるので、余計な圧力がかからず「圧痛」を抑えることができます。また手動の注射器よりも細い針を使用するので、さらに痛みが軽減されます。今まで治療前の痛みが怖かった方にも安心して治療を受けていただけるでしょう。

早め早めの対応を

虫歯や歯周病は、自然治癒しません。進行してしまうと治療が複雑になり、結果的に期間も費用も増えてしまうのです。何よりお口の健康が損なわれてしまいます。お口まわりに異変を感じたら、できるだけ早く治療しましょう。それは痛みの軽減にもつながります。

もっと痛みを減らすのに有効なのは、お口のトラブルを予防すること。そのために、毎日のセルフケアに加え、歯科医院での定期検診を活用しましょう。

重度の場合は根管治療を

重度の場合は根管治療を

虫歯は歯の表面から内面にじわじわと進行していきます。虫歯が進み歯の中の神経にまで達してしまった虫歯はそのまま放置すると抜歯を余儀なくされます。しかし抜歯はできるだけ避けたい処置ですので、歯を残すために行うのが「根管治療」です。当院では、細かい部位の精密な処置が必要な「根管治療」にも対応しています。

歯がしみるのは虫歯ではないかもしれません

歯や歯ぐきがしみるのは、必ずしも虫歯だけが原因ではありません。下記では、虫歯に続いてポピュラーなお口のトラブル、歯周病についてお伝えします。

歯周病

歯周病とは、歯ぐきの炎症から始まり、進行すると歯を支える歯のまわりの組織や顎の骨を溶かしていく病気です。放っておくと支えを失ってしまった歯が抜け落ちてしまうこともあります。また、日本の成人が歯を失う原因の第1位です。初期段階ではほとんど自覚症状がありませんが、ある程度進行すると歯ぐきが腫れたり、歯ぐきから出血したり、歯がしみるなどのトラブルが現れます。

歯周病検査
歯周ポケット検査 歯の動揺度検査 レントゲン検査
歯周ポケット検査 歯の動揺度検査 レントゲン検査
歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)が深くなる歯周病。歯と歯ぐきの溝の深さを専用器具で測定し歯周病の進行度合いを調べます。 歯を支える組織が壊されていくので進行にともない歯のグラつきが大きくなる歯周病。ピンセットを用いて歯のゆれ具合を調べます。 歯のまわりの顎の骨の溶け具合や骨の量を検査して、歯周病の進行具合を検査します。
治療法
SRP フラップ手術
SRP フラップ手術
スケーリングとルートプレーニングのことで、専用の器具でプラーク(歯垢)や歯石を除去します。歯の根の表面を平らにみがいてなめらかに仕上げ、汚れの再付着を防ぎます。 麻酔後、歯ぐきを切開し、歯根が見えるようにしてから歯周ポケット奥深くに付着するプラークや歯石、そして汚染された歯ぐきを除去します。歯ぐきを縫合し歯周組織の再生を期待します。